感染予防のための取組

当院の「感染予防のための取り組み」について

インフルエンザや新型コロナ(この度のコロナウィルスの一件では、誰も過去に体験したことのない状況に直面しています)などのウイルス感染症に対しては徹底した対策を講じる必要があります。

つきましては、来院される皆さまへの約束とお願いを以下に記します。ご一読いただけますと幸いです。

当院の衛生対策(消毒・滅菌・換気)について

平時より実施しているものは、より徹底的に行ってまいります

  • エプロン・グローブなどの使い捨て製品は、患者さんお一人ごとに交換しております。
    (兄弟・ご家族であっても使い回し・共用は一切ありません)
  • 治療に使用するドリル等の器機はすべて消毒・滅菌して個別包装とし、使用直前に開封しています(同上)
  • 診療椅子等、患者さんが触れるところは、お一人の患者さんの治療・施術が終了するごとに消毒薬による清拭を行っています(同上)
  • 待合室・診療室とも空気清浄機・加湿器を設置しています。
    空気清浄機はプラズマクラスター機能付きのものを使用。また加湿器からは平素より次亜水を噴霧しておりますが、加湿器を増設し、この度の特別措置として、より高濃度のものを噴霧・加湿することとしました。次亜水についてお知りになりたい方は、お気軽に院長・スタッフまでお尋ねください。なお、ご家族でご使用になりたい方にはお求めいただくこともできます。
  • 排煙窓およびスタッフ通用口を常時開放といたします(まだ時おり肌寒い日がありますが、ご容赦ねがいます)
  • 診療に際して使用する水はすべて殺菌効果のある水(次亜水 HCIO)を使用しています。
    (診療前には皆さまに高濃度次亜水での洗口をお願いしています。またドリル等から出る水はすべて低濃度次亜水を用いています)

皆さまへのお願い

皆さまにウイルスを感染させないための対応

  • 1か月以内に新型コロナウイルスの感染流行地域に旅行された方ならびに、14日以内に旅行された方との接触があった方は受診をご遠慮ください。
  • 受付にて検温・手指消毒を実施させていただきますので、ご協力ください
    (検温にて37℃以上の体温が検出された場合は当日の診療を控えさせていただく場合があることをご了承下さい。もちろんスタッフ各自も出勤前に自宅にて検温を行い、平熱の者のみ診療にあたるよう徹底いたします)
  • 熱・咳症状のある方におかれましては、ご予約をキャンセルいただきますようお願いいたします
    (発熱が続いている方は内科受診をお勧めいたします。4日以上、発熱が続いている場合は内科等でも検査後に、また4日以内であれば解熱後にご予約のお取り直しをお願いいたします。なお、発熱が続く方であっても歯の痛みが強い場合には投薬のみ行います)
  • 待合室内ではマスクの着用をお願いいたします
    (マスクをお持ちでない方はお約束の時間まで院外でお待ちいただくか、当方で所有しているマスクを1枚100円にて販売させていただきます)
  • 咳エチケットにご協力ください
    (咳エチケット:咳やくしゃみをする場合、テッシュやハンカチ、服の袖等(特に肘の内側が推奨されます)口・鼻を覆う)
  • スタッフはマスク着用のまま皆さまとお話しさせていただきます
    (この時期の対応として、受付やカウンセリング等の会話の必要時も、不本意ではありますが、マスク着用とさせていただきますこと、ご了承ください)

待合室で患者さん同士が不必要に鉢合わせしないようにアポイントの時間を調整しております。皆さまにおかれましてはアポイントの時間をお守りいただきますようご協力お願いいたします。

また、取引業者さんにおいては。物品の受け渡し等は玄関等の限られた場所のみで行うこととし、入室時に検温・手指消毒を実施し、発熱が確認された場合には入室をお断りさせていただいております。

院長 安田 憲弘